« 脱毛 アリシア | トップページ | 看護師にも子育てのために転職を考える »

2017年5月23日 (火)

リフォーム 英語

西川リビング、DIY店をアンテナショップに
西川リビング、DIY店をアンテナショップに. 無料会員登録ログイン · リフォーム産業新聞 · 会社概要 · よくある質問 · 広告入稿ガイド · 総合リフォーム · ビルダー・工務店 · ハウスメーカー · 専門工事店 · 不動産・デベ · 家電・ホームセンター · エネルギー事業者 · 中古住宅・リノベ (続きを読む)

リフォームトラブルで簡易裁判で被告になって困っています。。 事件1 自宅を中古で...
リフォームトラブルで簡易裁判で被告になって困っています。。  事件1 自宅を中古で買い、業者Aでリフォームをしておりました。 ウッドデッキを2Fに施工しようと思い、専門業者Bに依頼をしました。 その後、専門業者Bと昨年5月に契約をし、ウッドデッキを7月中旬に施工予定で請負契約を致しました。 その際、値引きとしてこれ以上値引き出来ないとのことで専門業者B営業マンと7月中旬施工。合計80万。③サービスベンチ2台をつけることで請負契約を致しました。  翌週半額の40万支払った直後より、専門業者B営業マンからしつこく電話が来だしました。 内容は、ウッドデッキの基礎工事施工を自宅リフォーム中の業者Aに依頼出来ないかということでした。(請負金額を減額したいためだと思いました。。) その後も何度も仕事中も連絡を受けメールでも断りました。証拠はあります。その後今度は、天候不順で人工が組めない。工事が8月になるとのことで再度業者Aに依頼できないかと依頼を受けました。  結局、施工予定日の7月中旬は過ぎてしまい、その後もしつこく連絡を受け、専門業者Bは自宅工事中の業者Aに依頼し、8月上旬に基礎工事をさせました。  事件2 デッキ工事日、木材を搬入してきた専門業者Bが自宅の玄関の塀を壊す物損事故を起こし、切れた私は専門業者Bに謝罪を要求し、その対価として謝罪として外溝に使える木材フェンスのサービス提供を要求し、専門業者B営業マンは要求をのみました。  事件1、2を踏まえ、下のそれぞれの主張に対し、裁判所はどのような判決がされるでしょうか。裁判前に主張した方がいい点はどのような点でしょうか。時間がないので焦ってます。ご教示頂きたいです。  原告:①施工料金の残額全額支払え、残額約40万  ②依頼したのは原告で基礎工事代金を払う義務はない。  ③謝罪フェンスの約束は証拠がないので撤回  ④サービスベンチ2台は納品済みである。  被告 ①業者Aに基礎工事代金は払っている。残額から基礎工事代金は引き請求すべき。  ②依頼はしていない。ただ業者Aとのトラブルを避けるために払ってしまった。  ③メールのやり取りもあるので貰う義務はある。  ④口約束であるが全く仕様が違うので作り直して欲しい。用途なし。  私の反論主張は通らず、このような施工をした業者に全額40万支払う判決となるのでしょうか? またどのような争点が起こっているのでしょうか。  あまりにムカついていた為、専門業者Bの営業マンが自宅に来た時、iPhoneで撮影し、支払いが済んだら謝罪フェンスを持ってくると言っているところはDVDで焼き裁判所に提出させて頂きました。  司法委員の方は厳しい判決になるかもしれないと言われました。 どうしても納得がいきません。弁護士が都合のいい主張をして和解にもなりませんでした。  準備書面(3)まで頑張って作りましたが、判決となる予定です。。  その前に良い知恵をお貸し頂ければと思います。。。よろしくお願い致します。。。(続きを読む)

外壁塗装 京都

« 脱毛 アリシア | トップページ | 看護師にも子育てのために転職を考える »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842106/70645973

この記事へのトラックバック一覧です: リフォーム 英語:

« 脱毛 アリシア | トップページ | 看護師にも子育てのために転職を考える »